大学受験前最後の授業

個人的な思い

先週の土曜日に、国立前期試験前最後の授業だった高3生。

口調はいつも通りだったが、表情はどこか緊張の面持ちだった。

彼の志望校は、「名古屋大学 文学部

まぁ、表情がこわばるのも無理はないかもしれないね(^_^;)

こちらとしては、いつも通り接して、送り出すしかないのだが。

実は、彼のことは小6から知っている。

彼が、中1の頃、僕はこの子は賢いなと感嘆したのを覚えている。

大体、授業をしていて、そう感じることがあるのは、5年に1人くらいかな?

「何が賢いと思った?」って聞かれる事もあるのだが、正確には答えられない(^_^;)

で、聞かれた時に大体以下のように返す。

「こちらがあらかじめ、用意しておいた解法、数パターンを超えてくることがあった」

そう答えても、ピンとこない人が多いのだ。

多分、塾の業界で勤めている人しかわかんないかも・・・(^_^;)

兎に角、こちらの斜め上を行った解法に感嘆した事は覚えている。

で、これだけ言うと、なんか素直じゃないとか、ひねくれたやつとかっていう答えが返ってきそうだけど、そういう事じゃないんだよね。

こういう子って、「僕はこう考えたけど、そっちの解法の方がスマートだし、そっちのやり方にします。」って言えるんだよ。

意固地じゃないし、純粋に知識を増やそうとする。

もう1つ鮮明に覚えているエピソードは、中学の頃、社会のテスト前だったと思う。

社会の用語を生徒同士で出し合っていた時に、教科書を調べることになった友達に、「○○ページの右端に載っているよ」って言ってた。

このレベルになると、教科書を読み込むレベルも半端ないんだな。と思った。

何はともあれ、そんな彼が、今週、名古屋大学を受験する。

合格したら、今までの努力は報われるよね。

今年は、ずっとオンラインで毎日自習して、塾で授業して、英語を急激に伸ばしてさ。

多分、悔いは残らないほど、勉強してきたはず。

さぁ、あと数日で、一先ず、勉強からは解法される。大学に入ったらまた勉強することはあるけど、それは今までの勉強とは少し違う。

そこからは、自分で選択して、自分のための勉強になる。

あと、数日は、自分の夢を叶えるための勉強だ。

どれだけやっても不安になると思う。不安になるから、勉強するしかない。

それも、あと数日・・・

きっと、試験の出来にかかわらず、緊張から解放された顔で、最後の授業日の金曜日は会えるだろう(^^)

健闘と幸運を祈ります!

(Visited 43 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました