内申の付け方 ~先生目線の話~

個人的な思い

今日は中部中のテストです。2週間のがんばりを見ていましたので、あとは結果を待つのみです(^^)/

もちろん、2週間だけがんばったわけではありませんが(^_^;)

特に中3の生徒は、入試にも関係してくる通知表のためにも非常に大事なテストとなっています。

ココスタでも内申の大切さや、内申の上げ方などを中3には伝えてきました(^^)

そんな中、先日も教室に見学に来てくださった岐阜の広江塾の広江先生のブログの中にこんな記事がありました。広江先生は元教員の経歴のお方ですので、説得力が違います。先生目線の内申の付け方を紹介してくれていました(^^)/

やはり、先生も人間ですので、最後に迷った時は感情が入るようです(^_^;)

ただ、各段階の際の生徒ということなので、あくまで、同点になった場合の最後の決め手ということですね(^^)

授業態度などは、曖昧だなぁと思っていましたが、先生方は、さすがに目が肥えてらっしゃるので、本気かどうかは分かるようです(^_^;)

参考にしてみてください(^^)

広江先生、掲載許可ありがとうございました(^^)

さぁ今日は大和の5教科の結果が分かる子も出てきそうです。順位はまだ先ですが、待ち遠しいです(^^)

稲沢西、南部はこの週末が正念場です。最後の追い込みがんばらせます(^^)

(Visited 66 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました