「取説」の話

個人的な思い

入試まで残すとこあと2日

そろそろ当日のコンディションのことも考えつつしっかりと睡眠、食事

調整をしていかないといけないよ。

今までやってきたことをしっかりと思い出して、当日に挑もう。

当日は、まず全体を見渡そう。

みんな緊張しているはず。

妙に明るく振る舞っていたり、神妙な面持ちの子もいたり、色々な子がいるはずだけど、

みんな緊張の出し方が違うだけで、緊張しているはず。

見渡して、「なんだ、みんな緊張しているじゃん」と思えたら、気合を入れる。

なんでもいい。

自分に暗示をかける。「よしきっとできる」でもいいし「集中」でもいい。

問題が配られたら、解けそうな問題を探す。

まずそこで確実に解けたら、より弾みがつくはず。

国語が一時間目だから、漢字からがいいかもね。

もし、予想外に難しかったとしても、放課があるので、その間に切り替える。

次の教科のことしか考えない。

そうやって、終わったら、次、次とこなしていこう。

昼休みは、答え合わせなんかをする子もいるだろうけど、そんなのは無視。

友達と答え合わせなんかもってのほか。

ゆっくり噛んで集中を切らすことがないように。

午後は、集中が切れやすい。

しっかりともう一度自分の中でスイッチをいれること。

最後の教科の英語が終わったら、きっと清々しい気持ちになれるはず。

帰り道では、今までの自分を全力で褒めて帰ってください。

結果のことなんかひとまずどうでもいい。

「よくがんばったな、自分」そうやって自分を褒めて、噛みしめて帰宅。

そして帰宅したら、家族に感謝を忘れないように。

「ありがとう」くらいは余裕があったら言ってあげて欲しい。

という、受験日の取説でした。

(Visited 83 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました