「5の段のおわりまできた」の話

個人的な思い

昨日、7月30日は僕の誕生日だった。

家族でケーキ食べたり、おいしい食事を食べたりして、過ごした。

タイトルにも書いたけど、九九でいうと5の段の終わりまできた。

5の段は、5の倍数だから、5歳、10歳、15歳、、、と振り返ってみると

結構節目の年が多い気もする。

15歳は高校受験の年だし、20歳は成人、25歳で前職で初めて教室長になり、30歳で長女が生まれた。

35歳は前職で最後の教室の教室長をやっていた。40歳で独立した。

そして、今45歳。

さぁどんな年になるのかな。

あんまり自分自身のこれまでの歩みで、ドラマチックな展開はないけど(^_^;)

ただ、唯一自慢したいというか、感謝したいことは、今まで1回も入院したことがない。

いわゆる健康体。

ちょこちょこ体調が良くないことはあるけど、今の所骨折も含めて大きな病気はない。

これはもう両親に感謝だね。

45の年は、これからなにか起こるのかな?

楽しみに過ごしていこうと思います(^^)/

(Visited 50 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました