「情報過多の時代にできること」の話

個人的な思い

今は、昔と違って情報が簡単に手に入る。

一流選手のユーチューブやSNSを見れば、テクニックなどを公開しているのも

あるだろうし、一流職人の技もそうだし、勉強法だってそう。

何かを開けば、何か情報が手に入り、やろうと思えばいくらでも好きなだけ、真似が

できる。

そんな時代だからこそ、塾としての役割があるんだと思う。

情報の取捨選択。

あれこれ情報を詰め込みすぎると、人間は処理しきれない。

とりわけ、塾に通う生徒たちはまだ子ども。

情報を処理しきれずにあれこれと迷ってしまい、迷走する。なんてこともあるかも

しれない。

なので、塾としての役割としては、やることの明確化。

テスト期間に最低限のやることはこちらで示唆する。

その土台がある状態で、プラスαの部分を生徒の自主性に期待している。

ただ、完全に手放しでは意味が無い。

ココスタができる事として、次に改善していかないと行けないのはその部分だな。

そう思う。

少し考えることが増えそうだ。

まず、やれることからやっていこう。

昨日も書いたけど、コツコツとやれることはあるはずだ。

(Visited 28 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました