「個別指導とは」の話

個人的な思い

個別指導という言葉を聞いてイメージする授業風景はどんなイメージだろうか?

1:1をイメージする方が最も多いのかもしれない。

授業中は先生がずっとついているイメージかな?

まぁ人によって、まちまちですかね(^_^;)

例えば、先生が回って生徒からの質問を受け付けている時は1:1の個別指導って

いうのは、個別って言っていいのか?

ある意味、公文式のような感じなのかな?

プリントを解いて、先生のところに持って行って、間違えた所を教えてもらう。

これに近い。

否定はしないけど、公文式は個別指導とは謳ってない。

ちょっとね。個別指導塾を謳っているこちらとしては、認めたくない所(^_^;)

ココスタの個別指導は1:2で90分の授業時間中ずっと同じ先生が目の前に

いる。要するに担当の先生。

で、授業中は、問題を解いている姿も、答え合わせも、解説もずっとその先生が

行う。

だから、質問もしやすいし、クセも指摘してくれる。

そして何より、成長をちゃんと褒めてくれる。

だから、ちゃんとした個別指導だって言えるんだ。

1:3とかも経験したこともあるし、1:4,1:5もしたことある。

でも、正直1:3以上はある程度の成績の子じゃないと厳しい。

経験上、順位でいうと20位くらいまでにいないと授業としてはなかなか成立しない。

さらに、2教科とかを1授業の中でやってしまうと、多分1ページくらいで終わって

しまう。

だから、個別指導ってだけ書いてあって、先生1人に生徒が何人までとか、明記して

ない所とか、個別指導って書いてあってイメージが湧きにくい所は、

イメージした個別指導の塾とは違うかもしれない。

もし、個別指導って聞いてイメージするスタイルが、1:1,1:2で先生が

つきっきりで指導してくれるっていう方は、ココスタへお越しください♪

(Visited 46 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました