「集中するのは難しい・・・」の話

個人的な思い

人間集中しているときと集中していない時の差は激しい。

これは大人でも子どもでも同じ。

仕事で集中していないと、思いがけないミスもおこる。

これは誰にでも経験したことがあるはずだ。

じゃあ就業時間中8時間集中が続くかといえばそれは不可能な話だ。

そのために、休憩時間というものがある。

そもそも人間の集中力はもって1時間程度だと言われている。

だから、学校なんかは合間に放課がある訳で、、。

これを勉強に当てはめてみると、集中して問題を解く時間、集中して考える時間

そういう時間はあるものの持続しないっていう子が多い。

「うちの子、集中力がないんです」っていう声も実際多い。

集中力がないというのは、集中力が続かないなのか、そもそも集中力がない

のかで大きく意味が変わる。

前者なら、それはそれで良いと思う。

1問解いて集中が切れた。ちょっと休憩してもう1問。

そうやって、集中を小出しにしていくことができれば良いからだ。

でも、そもそも集中力がないだと、集中していく訓練を積まなければいけない。

でも、そんな人間はめったにいないんじゃないかとも思う。

誰でも好きなものに没頭して集中した経験はあるだろうから。

だから、集中の仕方は分かっているはず。

それを興味のないものにも発揮できるようになるしかない。。

まぁこうやって言葉にするのは簡単なんだけどね。。。

でも、大人でも子どもでも、集中していない時っていうのはやっぱあるよね。

仕事から帰ってきて、くたくたで、リビングでTVみてくつろいでて、

子どもは集中して勉強。。。

ちょっと難しい。

仕事中に、自分は集中して仕事しているのに、横でわちゃわちゃとしゃべっている

人たちがいたら?

ちょっと難しいよね。。。

数年前の卒業生で、西高に進学した生徒。

テスト勉強の時に、お父さんも資格の勉強を横でしていたそうだ。

それを見ながら、頑張れたというその子。

親の背中を見て子どもは育つ。

怖い怖い。。。(^_^;)

なんかふと思ったことを書いてみました。。。。

(Visited 56 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました