何故、テスト前に大量のプリントをやらせるのか

ココスタの紹介

テスト2週間前になると、ココスタの生徒たちは塾からあるプレゼントをもらい出す。

それは、、大量のプリント♪

2週間前から配布し、テスト週間になると、範囲をみてさらに追加♪

もらったプリントはというと、束、束、束  笑

さて、このプリントなんだけど、同じ中学、同じ学年であれば、誰でも同じ量を渡している。

成績上位者と成績中位者と成績下位者全員一律で同じ内容、同じ量♪

同じ事やっているのに、取ってくる点数、取ってくる順位が違うのは、「頭の出来が違うのかしら?」なんて思うかもしれません。

それは、大きく違います。

大きく違うのは取り組み方。これだよね。

このプリントは、あくまでテストに挑戦する権利を手に入れるためにあるようなものだと思って欲しい。

このプリントはテスト範囲をすべて網羅しているので、これをこなさないとテストを受ける権利は正直言ってない。

では、上位の子や、伸びている子は何をしているのか?

それは、ずばり「このプリント以外のものも猛烈に勉強している」ってこと。

もちろん、このプリントが始めはきつかった人もいる。

でも、体力をつけることを目標としているので、このプリントが期日までにしっかりと終われないことには、話にならない。

もちろん、期日まで終われなかったら、テスト後も終わるまで毎日塾というペナルティーはあるのだが 笑

このプリントをこなした上で、プラスαをやっていくことが、まず1つ。

次に、このプリント自体の取り組み方だよね?

間違い直しをしっかりとしてくれている子、○付けが丁寧な子、こういう子は間違い無く伸びて行く。

勉強の体力とは、すなわち正しい方法で、問題と向き合い、勉強の下地を作って行くってことだから、テスト期間という絶好の場を利用して、着々と体力をつけていく。

定期テストで点が取れるようになるのは、嬉しいことだけど、そこよりも先に目標はあるし、そこに向けて定期テストを利用して、体力、持久力、集中力をつけていく。

それが一番大事なこと♪

そして、それが最大の理由。

(Visited 59 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました