元々できる子だった?違う違う、努力だと思うんだけど・・・。

個人的な思い

よく元々できない子が成績が上がると「あの子は元々できた」とか「今までやらんかっただけ」とか、後者は、まだその通りの部分もあるけど、前者はもう完全にひがみだと思う。

成績が上がる子は、例外なく努力している

これを棚の上にあげて、「あの子は元が良かった」というのは、違うことないか?

今のやり方をもう一度見直してみて欲しい。

自分に負けた。めんどくさくなった。そういう所は本当になかった?

成績を上げたいっ!

この思いは本当だろうけど、その言葉の前後に「できれば最小限の努力で」とかついてないか?

この冬はもう一度自分と向き合って欲しい。

新年は新しく気持ちを切り替えるには絶好のタイミングだから。

誰もが、必ずやれば上がる。但し、「しっかりと、穴もなく、完璧になるまで」この条件はつく。

真剣に問題と向き合おう。本当に合っているかどうか疑いながら○をつけよう。

この2つだけしっかりとできるようにすれば、誰もが必ず成績は上がる。

「元々できる子」・・・これは、みんなそうだから。。

要するに、成績が伸びる子はみんな早く気付いたってことだよね。その楽しさに♪

(Visited 31 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました