勉強のやり方

個人的な思い

勉強ってどうやってやるの?

「うちの子勉強のやり方が分かっていないようです」この質問は毎年必ず聞かれます。

これについては数多くの勉強本が出ています。

ただ、それを読んで実践できる人はごくわずかなのではないでしょか?

勉強のやり方というものに正解はありません。

ただ、それは充分に勉強をした人が言うセリフです。

なので、勉強のやり方を変える前に、勉強に費やす量を増やすことが正解です。

いやいや、充分勉強しました。他の子の1.5倍しました。というケースもあると思います。

それは、多分その子の成績が上がる量が足りなかったんでしょう。

残念ながら、人には差があって、1回で理解できる人、2回で理解できる人、3回で、4回で。。。

というように差があります。

ですが、回数に違いはあっても、誰でも理解できるようになっています。

勉強のやり方を考える前に、勉強の量を増やして見てください。

テストで、2回まわりで取れた点数に納得がいかないのであれば、3回周りやってみてください。その点数で納得がいかないのであれば、4回周りやりましょう。

時間?足りない?

じゃあ1週間前からやっていたのを2週間前からにしましょう。

それでも足りない?

3週間前からやりましょう。

そんなに頑張れない。

大丈夫です。適切な環境を用意しますし、声がけや叱咤激励もします(^^)

勉強のやり方を考える前に、勉強時間を増やすことから見直してみてくださいという話で、お送りしました(^^)

ただ、これだけでは本当の意味ではダメなんだけど・・・。それは、塾生には毎日、毎回少しずつ刷り込んでいっています(^^)

(Visited 48 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました