小学生時代の勉強習慣の大切さ

ココスタの紹介

小学校の頃は、人生で一番習い事が多い期間なのかもしれない(^_^;)

その中で、少しずつ削っていって中学になると、塾だけになったり、小学校の頃よりは習い事の数が減っていくというのが一般的だと思います(^_^;)

ただ、小学校の頃に勉強習慣を身につけて置くことがとても大事です。

宿題をしっかりやること。

毎日勉強すること。など

小学校の間に身につけて置くと、中学校以降もその習慣を引き続き行えるようになっていきます。

また、小学校の内容をしっかりと理解させることも大事です。

ココスタではこの期間をゴールデンタイムと考えています。

塾からの月例テスト、塾からの月課題、塾の授業での宿題と、勉強の習慣を身につけさせることと同時に、勉強の仕方を教えていきます。

覚え方、解き方などを徹底的に身につけさせます。

英語についても、新しい時代の英語力を身につけさせていますので、特に、高学年のお子さまをお持ちのご家庭は、9月以降、ご入塾をご検討ください(^^)/

(Visited 53 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました