2020年前半戦を振り返って・・・

個人的な思い

今年は、3月初頭恐らく日本の大半の人たちが予想だにしていなかった事が起きた。

新型コロナウイルスの猛威だ。

この状況によって、新年度の計画はすべて白紙、予想していたこともすべて白紙になる。

このコロナによって唯一良かったと思えることは、視野が広がったことだと思う。

そして、緊急事態宣言および休業要請に伴い、5月下旬に再び営業を再開した。

痛みは伴ったが、致し方ないことだと考えて、6月以降、脇目を振らずに仕事に精を出した。

結果、少しずつ新しい生徒たちに出会う事ができたし、新しい発見もいくつかした。

去年の10月に希望に胸を膨らませ、独立した新米個人塾塾長にウイルスというどうしようもない敵が現れ、厳しい現実をたたきつけてきた。

というのが、前半戦の大まかな印象。

ただ、6月以降はさっきいったように、今日までとても毎日が楽しい(^^)

コロナに左右されないかという一抹の不安はあるものの、生徒、講師とともに塾を営業していることが、とても楽しいと思える(^^)

後半戦、2学期以降またどんな生徒に出会えるのか、今から楽しみで仕方がない(^^)

明日から、1週間お休みを頂きます。後半戦の新しい出会いを楽しみにしつつ、がんばっていきたいと思います(^^)/

(Visited 32 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました