平方根が苦手な生徒が多い・・・

個人的な思い

こんばんわココスタ塾長です。

ココスタの中3生は、概ね全生徒が平方根の中盤位をやっています。この単元は毎年、苦戦する生徒が必ずいます。これは、おそらく演習量が足りないからです。

昨年のこの時期にココスタはまだ開校していませんでしたので、あくまで私の塾講師人生での経験上ですが、平方根が苦手な子は、他の単元でも同じようなことがいえますが、その意味を深く理解していないということにつきると思います。

平方=2乗のことです。まずこれを理解することから始めましょうか(^^)/

ピンとこない方は、面積の単位の読み方を思い出してください。㎠これをなんと読みますか?(平方センチメートル)ですね。㎝に2乗をくっつけると平方という読み方が増えます。

なので、平方=2乗ということですね(^^)/

その平方に根がくっついたのが、平方根ですので、2乗の根っこ、すなわち、2乗の元ということになります。

例えば4の平方根は?といわれたら、4の2乗の根っこはなんですか?ということは2乗したら4になるものという意味です。

2乗して4になるものは、2とすぐに答えてくれますが、-2を忘れる子が多いです(^_^;)

±2が正解なんですが、なかなか-の方が出てこない子が多いです(^_^;)

なので、まずはここをしっかりと理解させて行かないといけません。

この次に、変形・有理化で躓いてしまう子が多いです。

ただ、以外と平方根を苦にしない子はこの変形がスムーズに行く子が多いです(^^)/

平方根が苦にならない子の見分け方としては、変形がスムーズに理解できた子は結構センスありです(^^)/

なんにしても、この単元ができないと今後の数学はお先真っ暗なので、しっかりと理解させていきます(^^)/

(Visited 32 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました