受験にまつわる経験談③

未分類

受験にまつわる経験談を元に、今の自分に活かしていることなどを中心に書いているシリーズの第3弾です。

今回のテーマは

「奇跡の逆転!合格率20%からの突破劇」です(^^)/

中3生は必ずといっていいほど、模試を受けます。愛知県であれば、全県模試を

受けますね。模試自体は非常に意味のあるものですし、模試を受けなければ、

こちらも進路指導などができず、非常に困ってしまいます。

そんな中、ある生徒は、冬の最後の模試の時点で、第一志望校の合格率が20%ほ

ほどしかありませんでした。生徒自身も、諦めようかどうしようかを悩んでいま

した。

模試を受けると、必ず合格率がでます。

これが、受験生から挑戦という気持ちを奪うことがあります。

ただ、第2志望の高校自体の合格率は悪くなく、第1志望を諦めて第2志望を繰り

上げて、第1志望にしようかなということで悩んでおりました。

ただ、漠然と中1のある時期からその志望校に行きたかったということ、自転車

で通える近い高校だということ、ある程度の進学校ということなども理由には

あったようです。

そんな中、保護者面談を行い、お母様にお話をさせていただきました。

「正直、今のままでは厳しいですが、どうされますか?」

お母様はいいました。

「あの子が第1志望を変更することに納得できるなら、構いませんが、親としては挑戦させたい、悔いが残らないように」と話されていました。

挑戦をして、ダメだとしても、後で後悔するよりはよっぽどいいと思いました。

この生徒は、その後、毎日塾にきて、授業を補習という形で行い(無料)、

見事第1志望に合格しました(^^)/

このことから、挑戦することの大事さを学習しました。そして、挑戦すると決めるのは、もちろん本人もそうですが、保護者も覚悟を決めなければいけませんね

(Visited 40 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました