「公立入試始まる」の話

個人的な思い

明日は公立推薦入試。

今日の天気が明日じゃなくてよかったと思います。

雨は少し気持ちが下がりますからね(^_^;)

明日は、スッキリとした気持ちで受験に臨んで欲しいと思います。

とはいえ、推薦(特に普通科の子)は不合格のケースもあるので、

受かればもうけもんの精神で落ち着いて取り組んでください。

2週間もしたら、公立一般も迫ってきます。

多くの中3生がこの日を心待ちにしていることでしょう。

合格・不合格にかかわらず、入学した高校が第一志望校と考えて、

3年間でより一層成長して欲しいと思います。

人の成長は個人差があります。

身体的なことはもちろんのこと、頭の成長も個人差があると思っています。

高校受験で輝けなくても、大学受験で輝ける子はたくさんいます。

もちろん場合によっては社会人になってからというケースもあるでしょう。

どのタイミングで輝くことができるかは、正直分かりません。

影響をうける人と出会うことで、頑張るのかもしれません。

そうなると、その影響を受ける人はいつ現れるのかは分からないです。

ただ、後ろ向きな気持ちでいた場合はその確率は低くなるような気がします。

入ったところでとりあえず頑張ってみようと、前向きな気持ちでいた方が、

そういう人と出会える確率は高い気がしませんか?

ということで、話は逸れてきましたが、高校受験、大学受験の時期ですが、

今まで頑張ってきたことは何も間違いではありません。

がんばらないと行けない時期にちゃんと頑張れたこと。

これは、人として最低限必要なことです。

それがあれば、入学先はどこになっても、いつでも挽回できるはずです。

合格・不合格は一時の感情です。

その後しっかりと頑張れることを期待しています!

なんだか、朝礼の挨拶みたいな内容になってしまった気がしますが、まぁいいか(^_^;)

(Visited 47 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました