「人は頑張っている姿に感動し、応援する」の話

個人的な思い

オリンピック、WBC、W杯、箱根駅伝、高校野球、高校サッカーなどのスポーツ。

運動会、部活の試合でもいい。

人が応援したくなるときというのは、その姿が一生懸命頑張っているからだ。

その姿に感動し、人は人を応援したくなる。

と、僕は思う。

受験生、家族の応援をもらっていますか?

もしそこまでもらっていないように感じるのであれば、それは自分のがんばりが伝わっていない

んじゃない?

「いや、がんばっているよ」と思うかもしれない。

でも、それは塾での話だよね?

家で頑張っている姿をみせているかってこと。

「家に帰ったら、頑張ってきたんだからちょっと休憩したって」と思ったかもしれない。

ちょっとならもちろんいい。

ちょっとのつもりでスマホを開いたら思いのほかLINEが来てて長くなったり、動画少しみよ

と思って長くなったりしていないか?

特に女の子に多いかもしれないけど、髪の毛乾かすのが長くなってしまったり、ちょっと眠いから

寝ようと思ったら、時間がめっちゃ経ってしまっていたり。。。

そんなことはない?

そういう姿を毎日見ている親は本当に頑張っている?と思っちゃうかもね。

「自分の子を信用してよ」そう思うかもしれない。

信用して欲しいなら、信用されるような行動を取る必要があるよね?

そういう怠惰な姿を毎日見ている親は君のことをよく分かっているはず。

真剣にあの高校へ行きたいと思ったんだったら、今やるべきことはなにか?

その高校に合格するために頑張っている姿を見せないと。

人は、頑張っていないやつを応援はしない。

頑張っているから応援したくなるんだよ。

だから、やらなきゃいけないことは分かっているよね?

高校合格を誰よりも祝って欲しいはずだし、親も誰よりも祝いたい。

だから、その為に頑張る姿を見せるんだ。

(Visited 33 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました