「高校受験の調査書」の話

ココスタの紹介

高校受験において、中学校から高校へ送られるのは調査書と呼ばれるものです。

通知表の合計はもちろんのこと、特別活動(生徒会長など)や

特別活動以外の記録(部活動・英検などの資格)、出欠、その他というような

形で項目が分かれています。

部活でいうと、県大会以上などの実績となります。

県大会というと、一宮市でいうと、市大会、西尾張、県大会となります。

また、チームプレイの部活であれば、個人ではなかなか難しいところがあります。

となると、取っておいた方が良いものとしては、英検・漢検の3級以上となります。

これは、頑張れば誰でも取れますし、面接などでも、英検などの資格取得の勉強を

頑張りました。というようなことをアピールすることもできます。

とはいえ、中3の遅くとも2学期中までには取っておきたいので、

中3の中ではチャンスが2回ということになります。

できれば、5月に3級、10月に余裕があれば準2級という流れが望ましいかもしれませんね。

英検講座はココスタEnglishの方で受け付けておりますので、現在中2の生徒は英検3級の取得を目指し、今からやっていってはいかがでしょうか?

もちろん、大学受験などでも、有効ですので、高校生は2級・準1級の取得を目指しておいて、損はありません。

ココスタEnglishの受講生の9割以上が目指す級の取得はできています(^^)/

受験は、当日点・内申点という戦いにはなりますが、持てる武器は増やしておいた方が良いですからね。

ぜひ、ココスタEnglishで英検をお考えください(^^)/

(Visited 43 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました