「覚醒まであと少し」の話

個人的な思い

誰もが覚醒する瞬間っていうのはあるはず。

もしかしたら、学生時代にはこないのかもしれないけど、どこかで覚醒するときは

くると思っている。

何か悔しい思いをした時なのか、何か目標ができたときなのかは分からないが、

きっとマイナス方向に強く引っ張られたあとに、反発するように覚醒する。

その覚醒をできる限り早く迎えさせてあげたい。

中2までには、遅くとも中3の1学期までには。

何もやっていない子は覚醒することはない。

地道にコツコツと下地を作ってきた子にだけ、くるものだと思う。

ココスタは、その下地を作るためにサポートする。

そして、覚醒していって欲しい。

(Visited 31 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました