「がんばりは自己評価か他者評価か」の話

個人的な思い

テストも終わり、今回のテストはどうだったかを振り返る期間。

自分では頑張ったかどうか、大概の子はがんばったというと思う。

でも、結果が変わらない子もいるよね?

これはがんばりの自己評価が甘いのかもしれない。

でも、客観的に自己評価をするのは難しい。

だとしたら、だれがそのがんばりを評価するのかといえば、それは

家族。

いつもと比べて我が子の雰囲気が違う。

いつもより頑張っていた。

そういうのは、他者から見た方がよく分かるはず。

それをしっかりと親が見極めることができるかどうか。

親が今回は頑張ったねといえば、いつもより点数は高いことが多いはず。

今回のテストを反省する時に、親にも聞いてみよう。

その時にまだまだがんばれるよって言われているようなら、まだ頑張れたはず。

がんばりは自分で評価しても良いけど、他者の評価を信じていくように。

そうすれば、まだまだ成長できるはず。

(Visited 27 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました