「僕の思う勉強法」の話

個人的な思い

世の中の数ある勉強本や世の中の数ある勉強ブログ

そして、教育系ユーチューブ

色々と僕なんかより賢い方たちがそれぞれ勉強法を紹介している。

そのすべてに目を通したわけではないから、ここからは完全に主観。

僕の思う勉強法。

結構、同じことをブログ内でも書いていると思うけど。

勉強で一番大切なことは、間違え直しだ。

間違えたものをどうやって間違え直しをするか。

これが何を差し置いても一番。

。。

。。。

だと思う。

生徒を見ていても、間違え直しのレベルで成績って結構決まってくる。

間違え直しがきれいとかそういう事じゃなくて、間違い直しの内容。

これが、いい加減な子ほど成績が上がらない。

間違い直しが適当な子ほど成績が上がらない。

間違い直しって多分、子どもにとって嫌なことなんだろうね。

恐らく、うちの子たちを見ていてもそう思う。

間違えることが異常に嫌い。

小学校低学年の間とかは特にそう。

その延長だと思う。

めんどくさいとか、ただただ嫌とかね。

多分、間違えるっていう言葉が嫌なんだろうね。

間違え=悪いこと、かっこ悪いこと、恥ずかしいこと

みたいな捉え方がよくない。

低学年の間に、間違えることをもっと賞賛していけばいいんじゃない?

と本気で思ってしまう。

どんどん間違えていいんだよ。

その間違いがあったから正解が分かるんだ。

そういう教育。

まぁでも、そんなことを言っても仕方が無い。

だから、ココスタ生にいたっては、せめて間違い直しをしっかりとさせて

いきたい。

間違えをしっかりとできるようにすること。

間違えたものに対して前向きに取り組めるようにすること。

これが一番大事なことだと僕は思うし、何事も基本が大事というのであれば、

勉強の基本はこれだと思っている。

(Visited 49 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました