「玄人好みの成績の上がり方」の話

個人的な思い

塾にとって派手な宣伝となるのは、やはり大幅順位upのケースだと思う。

実際、ココスタでも大幅upは嬉しいし、目を引くしね。

でも、実際そんなケースばっかりでは残念ながらない。

かといって、成績が上がっていない訳でもない。

でも、なかなか宣伝が難しいのも事実(^_^;)

野球でいうなら全員が4番やエースではない。

ちゃんと勝利に貢献する2番や8番バッターがいるわけだ(^^)

要するに、ちょっと玄人好みの成績の上がり方をする生徒たちに

スポットを当ててみようと思う(^^)

例えば、入塾時に192位だった生徒。

入塾した時点では、正直下位層だったことはいうまでもない。

でも、1年経った今、170位。

コツコツと地道に上がっている。

勉強の仕方が分からない状態で入塾し、少しずつ分かる問題も増えて、

点数も取れるようになってきた。

例えば、入塾時に42位だった生徒も、少しずつ地道に勉強をして、

1年経った今、11位という成績を取れるようになった。

他にも、70位→65位→62位→59位みたいに、地道に上がっている子もいる。

ホームランは打てないけど、スクイズは確実みたいな(^_^;)

どうしても派手な成績に目がいってしまいがちだけど、こういう上がり方が

一番強いのかも(^^)

もちろん、派手に上がるのも地道に上がるのもどちらも素晴らしいことだけどね。

どうしても、成果を認めにくいとか、あんま変わってないとか印象を受けがちな

地道な上がり方の生徒たち(^_^;)

でも、やっぱ1つでも順位が上がっていたら、褒めてあげたいですね(^^)

(Visited 43 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました