「高校生の通塾」の話

個人的な思い

長く一宮で塾講師をしていると,この地方の高校の

熱心さに驚かされることがある。

とにかく部活,予習,復習で時間が足りない。

ココスタの高校生はほとんどが中学からの継続生だけど、

この時期の一年生は本当にしんどそうだ。

名古屋の方はどうかはわからないけど、一宮の高校生

は,夏休み・冬休みは部活・補習。

土曜もあったり、授業も進度は早い。

とにかく大変。

でも,そういう高校生活を送って自分の行きたい大学へ

入って,就きたい職業に就く。

新しい環境なんて、疲れるのが当たり前。

大人でもそうだしね。

そういうことを経験して,自分で乗り越える。

それが社会に出る前に学んでおくことなんだろう。

僕の中では、賛否あると思うけど、高校生っていうのは

歩き出した子どものように思う。

手を貸すのは転んだりつまづいたりした時でいい。

まず色々と考えて経験して行くことが大事だと思う。

中学まではあれこれ手を貸して,あれをやる。これをやる。

と教えるけど、高校生は自分の足で歩ける。

だから,思考力を鍛えて磨いて欲しい。

大変だと思うけど、それは社会に出る前の第一歩。

だから,がんばれ高校生!

(Visited 61 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました