「小学生の内に正しい知識を身につけよう」の話

個人的な思い

小学生において、算数で最重要の知識は計算だ

足し算、引き算、かけ算、割り算はもちろんのこと、

小数の計算、分数の計算、計算の順序や、筆算の仕方など。

これを正しく身につけて置かないと、非常に苦労する。

中学以降も計算は必ず出題される。

小学生の間で、計算を毎日・毎日行うことは、非常に意味がある。

計算ドリルや漢字ドリルの宿題のあとに、計算を15分程度毎日行うと

非常にいいと思う。

後は、国語というか、言葉。

要するに語彙力を増やす。

これが、小学生の間で最低限身につけて置かないといけないことの最重要の

こと。

ココスタでも、そこをしっかりと意識して指導している。

特に計算は、中途半端に分かって解いている可能性が高いし、

割り算の筆算とか、割り切れるまでやるの嫌がる子が多いしね(^_^;)

毎月の課題と、毎月のテスト。

そうやって小学生の子の力を身につけさせている。

未来のために。

(Visited 48 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました