「努力の賜物〜パート2〜」の話

中2の生徒

この生徒は、入塾して一年3ヶ月くらい経つ。

それでも、最初の1年間は、なかなか成果が出なかった。

それでも毎日のように塾に来て、授業を受けて自習。

それをずっと続けてきた。

コツコツと本当にコツコツと耐えて耐えてきた。

本人も保護者も本当に我慢してくれたと思う。

今年の夏が明けた課題テスト。

地面から少し芽が出たような気がした。

努力が初めて結果として現れた。

しかし、そんな単純なものでもない。

2学期中間。

定期テストという観点では2年の中では過去最高だったが、課題テストよりは下がってしまった。

せっかく出た芽がまた地面に引っ込みかけた。

それでも、腐らずにまた次の芽を出す為に、歯を食いしばって努力してくれた。

期末

中間から47位UP

見事に課題テストも含めたすべてのテストの中で

過去最高順位獲得。

一回踏まれてしまった芽を大きく咲かしてくれた。

もちろんまだ、発展途上だ。

この努力のケースは、本人はもちろんのこと、保護者の努力も大きい。 

子どもを信じて待ち続けること。

これが簡単そうで1番辛いことだ。

僕も親だから、痛いほど分かる。

今回の結果。1番嬉しいのは本人とその親なのは言うまでもないけど、僕も同じくらい嬉しかった。

(Visited 75 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました