「テスト初日」の話

個人的な思い

今日は期末テスト初日。(萩原は2日目)

全中学校が、テストに突入した。

今回は、見ていた感じでは、誰もが前回よりも頑張っていたと思う。

良い結果が出てくるといいね。

頑張った子には結果で反映されることが一番良い。

それが、次への活力となることを知っているから。

さて、やることはやった。

今日でココスタの2学期期末テスト対策は終了です(^^)

~保護者の皆さまへ~

お子さんは今回非常に頑張ってテスト勉強をしていました。

1学期よりも、2学期中間の時よりも頑張っていました。

まずはそのがんばりを認めてあげてください。

来る日も来る日も、体調が悪い日も頑張っていました。

このテスト期間で数学の才能が開花した子もいました。

コツコツと努力をして、英単語が格段に書けるようになった子もいました。

どの子も昔の自分よりも間違い無く成長したと思います。

しかし、この努力がすぐに結果に結びつくかどうかは、分かりません。

結果が出ない場合も残念ながらあります。

しかし、結果を出すために努力をしていたことは、2週間身近に見てきた僕が

保証します。

そのがんばりを結果にかかわらず、まずは認めて褒めてください。

それが、次回のテストの活力となります。

努力をしたのにダメだった。これはお子様の自己肯定感を下げてしまいます。

ですが、努力をしたことが、ダメだった訳ではありません。

あなたの大切なお子さんは、結果を出すために今の自分でできる最大限の努力をした。

それが一番素晴らしいことだと僕は心底思います。

ご協力よろしくお願い致します。

(Visited 62 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました