「とりあえず、限界までやってみよ」の話

個人的な思い

限界って個人差があるもんなのかな?

ふと思う…。

僕が現役の時は、今の塾生と同レベル勉強してたかといえば、今の塾生の方が圧倒的にやってたと思う…。

だから、そう誇れるほどのものは残してない。

だから、今の子達に言いたいのが、限界まで勉強してみてダメならしょうがないってことなんだ。

限界に個人差はないと思うんだよね。

IQで知能レベルが決まるとしたらという条件がつくけど、IQなんてほとんど差がないよね。

学年1位の子と学年最下位の子のIQ差なんてたかだか10くらい?

じゃない?

だから、その子の限界まで勉強すれば、誰でも上位に行けると思うんだよね。

だけど、差がつくのは限界の線引きが甘いってことだけなんじゃない? 

成績下位の子は、言い訳が多くない?

思い当たる節はあるよね? 

自分で限界を決めるラインが甘いってことをまず認識して、そこよりもっとがんばれるから。

言い訳せずに、しゃにむにがんばってみるところからまずはじめて見ようか。

ココスタはそんな君を応援するから!

(Visited 45 times, 2 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました