「何を求めているかを常に考える」の話

個人的な思い

問題を解くときに一番大事なことは、自分が今何を求めているのか。

これを常に頭に置いておくこと。

数学なんかの複雑な問題は、考えている最中に今自分が何を求めていたのかを

忘れてしまったり、そもそも何を解いているのかも理解していないまま、

何となくこうだったなぁとかで解いてしまう子が多い。

そういう子は伸びない。

次、同じ問題が出ても同じ間違いをする。

特に中3は、これから復習に充てられる時間は短くなっていく。

1回、1回で理解するようにして欲しい。

なんでこれを求める必要があるのか。

そういうことを考えながら人は成長していく。

(Visited 46 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました