「下剋上を起こすには」の話

個人的な思い

成績下位の子が、下剋上を起こしていくみたいなサクセスストーリーのような話。

今までの経験上、そういう子ももちろんいた。

そういう子たちはいわゆる何がきっかけで変わったんだろう。

まずは、こちらのいうことに素直に応える。

共通している。

塾の先生と絶対的な信頼感が築けていること。

共通している。

人間のIQ(知能指数)は大体みんな100~120っていうのを聞いたことがあると思う。

あくまで数値で測定した場合、たかだか20の範疇でしのぎを削っている。

130以上なんて一握りだし。

そうなると、学年レベルでいえば、この100~120の間で順位を決めて一喜一憂しているわけだ。

となると、知能に差はない。

何が違うか。

それは、もう気持ちだけだよね。本気で上げたいのか、どうか。

自分なりに頑張って成果がでない。

そんな状態になる気持ちはわかる。

でも、たぶんそれは本当に努力していないってことなんだよ。

成果がでないのは、きっと本気度と努力が足りなかったんだ。

言い方がきついかもしれないけど、きっとそういうこと。

だから、本気になってがんばれば、誰もが必ず成果がでる。

そうすれば、必ず下剋上が成し遂げられる。はずなんだと思う。。

(Visited 38 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました