過信と自信、期待と不安

ココスタの紹介

テストが近づいてくると、教室内では、こういう声が聞こえてくる。

「今回、○○位とるわ」とか、「今回○○点以上とるわ」とか、

自信とも過信とも取れる内容である。

これに対し、「今回は不安しかない」「今回は期待してください」こういう

声もよく聞く。

さて、これらの見分け方については、普段の取り組みの様子で判断するしかない。

「あの子前回より頑張っているなぁ」と僕が感じると、99.9%は当たる。

逆に、そう思えない子がそういう発言をしていると、過信しているから、少し

締めていかないといけない。

僕は授業で、よく目標点を設定する。

これは、僕自身が授業や様子を見ていて、その子が取れる点数から少し上を言うようにしている。

85点取れる力がある子は、90点。

40点取れそうな子には50点という具合。

僕が取ってきてと言う点数は、限りなくその子の取れる点数を伝えている。

僕の設定した点数と、生徒が言ってきた点数が大きく違っていたら、過信、もしくは

不安ということになる。

今回は、上位の子たちは460点以上というのが、1桁のラインだと伝えているので、最低そこを目指させる。

後は、大まかに分けるとこんな感じ。中位の子たちは380点。

下位の子たちは、250点~300点

もちろん、もう少し1人、1人詳細に伝えていく。

各々それぞれが、自分の目指す所をはっきりさせて、目標を達成させるように今日も

また、頑張らせる!!

(Visited 46 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました