思いは期末へ・・・

ココスタの紹介

成績を上げたい、上がった順位を最低でもそのままでキープしたい。前回の反省を次へ活かしたい。心模様は様々ですが、生徒の思いは期末へと向いています(^^)

生徒の中にはすでに自覚し始めている子も多数います。

「あの子に負けたのは悔しい」

「前はあれぐらいやってこの順位だったから、今度は前より増やしてやろう」

「応用をできるようにするために、これをやっておこう」など

各々が、自分で考えた行動をしています(^^)

問題をたくさんこなすことが、成績向上の近道だと気づき始めたんでしょう。

特に、義務教育期間は、問題をたくさん解くこと、遊びたい気持ちを押さえて勉強に向かうことを鍛えていく必要があるのだと思います。

大学へ入学した後に、調べたことをまとめたり、資料を作成したりという能力を身につけて行けば良いと考えています。

ということは、自分の希望する大学へいくために高校を選び、その高校に行くために、今勉強をがんばらないといけないという道筋が見えてきますね(^^)

今、現状でお子さんの演習量は足りていますか?

自ら自分の成績を上げる為に必要なことは何か分析できていますか?

先ほどの生徒たちの声は、自然と身についたものです。

元々できる子だったわけでもありません。

ココスタで、毎日毎日擦り込まされているんです。気付かないうちに(^_^;)

(Visited 27 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました