小学生の内にできるだけ身につけておきたい語彙力

個人的な思い

語彙力=言葉をどれだけしっているかということ。これを野放しにしておくと、国語のテスト、点数に影響します。

例えば、国語の文章問題を英語の長文問題だと思ってください。英単語を知っていないと、英語の長文問題を読むことはできません。

これを国語に戻すと、確かに所々は日本語なので、読める言葉もあるが、例えば、知らない表現が出てきた場合に?となりますよね。

もしその?の部分が問題を解くための重要なキーポイントだったらどうでしょう。

ひょっとして国語ができない理由はそこにあるかもしれませんよね?

ということで、なるべく多くの言葉を小学生の内に身につけさせたいなと考えています。それもできる限り小学生の間に、身につけさせたい能力ですね(^^)

ということで、ココスタでは、小学生に語彙力のテストをしていこうと思います(^^)

月1で漢字、計算、英単語のテストをしていますが、そこに語彙力を付け加えるか、それとも別でやっていくかを今検討中です。

語彙力を鍛えていくことで、国語の力を伸ばして行くことにも力を注いで行こうと考えています(^^)

先日の音読と今回の語彙力を小学生には重要性を伝えていきたい部分です(^^)/

(Visited 49 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました