塾の永遠のテーマ

教室の日常

昨日のことです。塾で自習の最中にどうしても集中力がなくなる瞬間っていうのは、どこの塾も永遠のテーマです。

そして、それを野放しにしておくことほど、ダメな塾への序章となってしまいます。

毎年、荒れ地を整備するように、荒れてはならし、荒れてはならしの繰り返しです(^_^;)

これを野放しにすると、その土地は荒れ放題になり、手がつけられない状況となります。

そんな中、昨日そういった荒れ地を整備することがココスタでもおきました。

明らかに、集中をかいた生徒同士が、自習中なのに話しています。

ちなみに、余談ですがその生徒の成績は正直良いです。

ですが、そんなことは関係ありません。

良かろうが悪かろうが迷惑をかけること、やるべき時にやれないこと。これを放っておくわけにはいきませんね。

私「勉強やれないんなら、帰っていいよ。」←この口調と表情はご想像にお任せします(^_^;)

この生徒はこの後、すぐに帰宅しました。

その後、自習はピリッと引き締まり、再び平穏を取り戻しました(^^)

そして、帰宅した生徒とは、以下のやり取りをしました。(*一部抜粋)

失敗を素直に認めて、自分で改善策を考えてくれたことが私は非常に嬉しかったです(^^)

ということで、今後もおそらく新しい生徒が入ってくれる度に、自習を意味のあるものにするための整備をしなければいけません。

それは、塾の永遠のテーマですからこれからも目を光らせて整備していきます(^^)/

(Visited 34 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました