愛の反対は??知ってますか?

個人的な思い

マザーテレサの言葉に「愛の反対は憎しみではなく、無関心だ」という言葉があります。この言葉を聞いたのは、確か前職の職場の同僚からだったと思うんですが、、、。

その時は、さらっと終わっていったのですが、その後もずっと頭の中には残る言葉でした。

この言葉の真意はというと、憎しみよりも罪なものは無関心ということですね。

文字通り、関心が無い訳ですから、空気のような扱いをしていることが1番の悪だよということでしょう(^_^;)

先日も虐待のニュースがありました。これは毎年必ずと言っていいほどあります。

今回のケースは虐待というより、正にこの無関心だったような気がします。

こういうニュースをみると腹が立ちますね。

親からの無関心ほどダメなものはありません。

勉強も同じで、やはり親が幼少期から、どれだけ関わってきたかによって、成績が変わってくる傾向が強いです。

多分、どこかで、言い方が良くないかもしれませんが、「あきらめる」瞬間がくるんだと思います。

この「あきらめる」瞬間が、子どもの勉強に対して無関心になる瞬間なんだと思います。

ここで、「あきらめない」という選択をした親が全員成績が優秀とは言いませんが、少なからず、なんとかなるレベルにとどまっていることができます。

「あ~うちの子、こんなもんなんだ」「勉強はもう無理だからあきらめよ」ではなく、

「あ~うちの子、こんなもんなんだ」「じゃあどこからやり直せばいいかな?」「とりあえず、計算だけきたえよっかな」「漢字だけでも覚えさせようか」「宿題は絶対いっしょにやってださせるようにしよう」など決して「あきらめない」で頂きたい。

どうか、お子さまの勉強に無関心にならないでくださいm(_ _)m

(Visited 39 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました