塾として、個人塾のフットワークの軽さを活かして

個人的な思い

この度の公教育機関の停止を受け、塾としてできることを今も考えています。もちろん1番はココスタに通って頂いている生徒を守ることになるので、それは昨日の発表で通達しましたし、その決断が最善策だと確信しています。

ただ、どこの塾も考えに考えた上での結論だと思います。

中でも、1番悩んだのは、中3は受験生ですから、もちろん大事ですが、その他の学年も学習環境が奪われてしまうということです。これについては、様々な意見がありますから、個人塾としては、最大限のフットワークの軽さを利用して、ご家庭の判断にお任せすることで、出席を決めることができるようにし、お休みされる場合は、振替を行うことで、対応することとしました。

勉強の遅れを気にするご家庭も当然ありますからね(^O^)

とりあえず、16日以降に収束していくことを期待して、そうなり次第すぐに動けるようにして行こうと思います。

ここでもフットワークの軽さを利用して行こうと思います。

また、3月7日までは16時から21時半(小学生は18時まで)まで自習にどの学年も来て構いませんので、学習環境をどの学年にも限定的ではありますが提供することで、多少なりとも、学習面での不安を取り除くことに努めます(^O^)

そして、今まさに考え中ですが、この3月の遅れを取り戻せるような形のなにかを考えております。これについてはやれるかどうかは分かりませんので、やれると判断した場合にはまたお知らせ致します。

ひとまずまた明日からの1週間で、ココスタの生徒たちの学習、学力向上に努めて参ります(^O^)

(Visited 23 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました