野村監督のご冥福を祈って

個人的な思い

「ノムさん」こと、野村監督が先日お亡くなりになった。野球ファンの私としては、選手時代の野村監督の姿は残念ながら知らないが、ヤクルトを常勝球団にした手腕、阪神の礎を築いた手腕、楽天をプロとして育て上げた手腕というものは常に見てきたので、名選手と言うよりは、名監督というイメージが強い。

そんな野村監督は著書も多く出版されており、その内のいくつかは私も読んだことがある。

「名将」という言葉に昔から惹かれてしまうところがあるので、まさにその代名詞のような人だったし、ヤクルトは当時弱小中の弱小だったのだが、いつの間にか、強くなり、いつの間にか「また今年も優勝はヤクルトか」なんて言われるようになった。

野村監督は、頭で野球をするイメージがある。

とりわけ、用兵としては、自前で育てつつ、他球団で戦力にならないと判断された選手を用いて、優勝争いをする。そんなイメージだ。

どんなにダメな選手も頭を使うことを要求する。とにかく頭を使えという感じだったと思う。

自分にも、スタッフにも、そして塾生にも通ずるものがあるように思う。

「生きている内に頭を使え、考えろ」

野村監督のご冥福をお祈りします。

(Visited 54 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました