テスト返却時の保護者のNG行動

教室の日常

さて、明日の大和中のテストで、一先ず期末テストも終了です。皆さんお疲れ様でしたm(_ _)m

今回もとてもよく頑張ってくれていたと思います。特に、中1、中2の生徒たちは

3年生に負けないくらい頑張ってやってくれていたと思います(^^)/

また、3年生は、テストが近づくにつれて本気モードになっていったと思います

初日から頑張ってくれていましたが、それをさらにギアを上げていった感じ

でした。今回の質問が1番多かったのも3年生です(^^)/

さて、明日からテストが返却されてくると思います。その時のNG行動を保護者

の皆さまに向けて、お伝えしていこうと思います(^^)/

1,説教は順位を見てから言う

2,テストの点数と共に平均点も聞く

3,一先ず、努力を褒めてあげてください

の3つです。

1つ目と2つ目はほぼ同じ内容ですが、例えば、前回75点だった教科の得点が今回は点数が60点だったとします。

点数だけみたら、頑張っていないことになりますが、前回の平均が70点で、今回の平均が50点だったらどうでしょうか?

今回の方が頑張っていませんか?

平均点=順位ではないので、なんともいえませんが、順位が上がる可能性も高くなります。

なので、点数ももちろん大事ですが、中学以上の先生はその教科の専任の先生が作るので、いやらしい先生は平均が低いテストを作ったりということが多々あります。

なので、お子さんをお叱りになるときは、順位を見てからでお願いいたします。

もちろん、点数が良かった場合は、素直に褒めてあげてくださいね(^^)/

反抗期のお子さんだとしても、褒められたら嬉しいのは間違いありません(^^)/

で、3つ目ですが、ココスタ生の保護者に限定しますが、お子さんたちはこの2週間本当に努力していました(^^)/

同じ空間で見ていたので、間違いありません(^^)/

なので、一先ず、努力を認めて褒めてあげてくださいm(_ _)m

反抗期のお子さんもきっと心の中ではこんな感じになると思いますし、

それが、次のやる気に繋がる1番のスイッチになると思います(^^)/

それから、2週間の間送迎など、ご協力をしていただいて本当にありがとうございます。保護者の方々のご協力があって、お子さんも頑張れたと思いますので、本当にありがとうございましたm(_ _)m

今後ともよろしくお願いいたします。

(Visited 31 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました