相似マスターへの道

教室の日常

この時期の中3数学を教えていると、毎年一定数の割合で相似が苦手な生徒に出会います(^_^;)

まあ確かに難しい内容ですから、その気持ち分からなくはないですが、私自身は意外と相似が嫌いではなくて、結構好きな単元ではあります。

相似を押さえるポイントとしては、基本の徹底に限ります(^^)/

この画像は中3の復習テストで使う問題ですが、この画像のような基本問題がほぼ完璧に解ければ、相似は簡単に理解できます(^^)/(*個人的見解)

もちろん難しくしようとすれば、いくらでも難しくできますので、入試問題のような問題も難しいですが、上の画像の問題を理解していればそれを利用して解くだけですので、あとは慣れです。

ただ、相似が厄介なのは、生徒のやる気を奪いやすい単元ではあります(^_^;)

「もう分からん」「もう無理」などいくらでも聞いてきました(^_^;)

それを繰り返して、繰り返してたどり着いた先に相似マスターの道が開けます。

あれ、気づいたらどの単元もどの教科も同じですね。

繰り返し、繰り返しやっていくと道は開けるんです(^^)/

なんとか相似をマスターさせて期末もいい点とらせたいと思います!(^^)!

(Visited 53 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました