「僕は、言うことは言うよ」の話

個人的な思い

個別指導塾を生業としていると避けて通れないのが、学生講師の質。

いくら優秀な大学行ってたって、いくら指導が上手だって、いくら勉強が良くできたってさ、結局は人間性が大事なんだと僕は思う。

正直言って、僕より学歴が優秀な子はたくさんいるよ。

で?

っていう話じゃん?

学歴が子どもの成績を上げてくれる訳じゃないし、その先生の頭の中身が生徒に

100%伝わるわけじゃないしね。

ましてや、まだ10代・20代前半で初めての仕事っていう子も多い。

だから、ダメなことはダメってはっきりさせておかないと。

講師も、社会に出て行くんだろうし、社会には自分の思い通りにならないこと

なんていくらでもあるしね。

理不尽だろうが、なんだろうが知ったこっちゃない。

成績を上げなきゃ行けない大事なお子さんたちを預かっているんだから、

そのことを全面に出して仕事をしてもらう。

少なくともココスタで働いている間はね。

だから、そのためには言いたいことを僕は言う。

そうやって、講師陣を鍛えています。というか、講師に隙を見せないようにしています。の方が正しいのかな?

他の個別指導塾は知らないけど、ココスタはそういう個別指導塾。

(Visited 48 times, 1 visits today)

コメント

まずは、お気軽にお電話ください。
タイトルとURLをコピーしました